ホテルがレベニューマネジメントを外部委託する7つのメリット

ホテルのレベニューマネジメントの外部委託を検討したことはありますか?

レベニューマネジメントといえば、ホテルの利益率を左右する経営戦略の要です。

そんな重要な役割を「外部」に任せると聞いて、驚いている経営者も少なくないでしょう。

しかし実際には、法務や会計などのアウトソーシングが一般的な業務と同じように、レベニューマネジメントも、専門家の助けを借りることによるメリットが大きい分野なのです。

とくに新型コロナでホテル業界が打撃を受けている今、経営リスクを減らすことは最優先事項。

すでに、専門的な知識や経験を持つ外部の収益管理サービスを取り入れて、不況や経営危機を乗り越えた小規模・独立系ホテルの事例はたくさんあります。

そこでこの記事では、

  1. レベニューマネージャーを採用する難しさ
  2. 小規模・独立系ホテルがレベニューマネジメントの外部委託をするべき理由
  3. レベニューマネジメントを外部委託するメリット
  4. ホテル経営を成功に導く外部委託のコツ

について、説明していきたいと思います。

レベニューマネジメントを外部委託するメリット
レベニューマネジメントを外部委託するメリット

ホテルがレベニューマネージャーを採用する難しさ

ホテルのレベニューマネジメントには、高い専門性とスキルが必要とされます。

しかし、多くのホテル経営者は、法務や会計、給与計算などの専門分野は外注をしても、ホテルの利益率を最大化するための戦略を立て直すこととなると、専門家の手を借りることを躊躇しがちです。

これはなぜなのでしょうか?

その理由は、弁護士や会計士と違い、レベニューマネージャーは、社内でまかなえると考えているからです。

でも、本当にそうなのでしょうか?

客観的にスキルが証明できる資格を持っていない場合、誰がどのようにして、レベニューマネージャーになるのでしょうか?

そもそも、レベニューマネジメントが、どのようなスキルを必要とするのかを知らない場合、いったい何を基準にレベニューマネージャーと呼ぶのでしょうか?

誤解されがちですが、レベニューマネジメントとは、客室料金を変更するだけの単純な仕事ではないのです。

適任者を見極める難しさ

レベニューマネージャーとしての適切なスキルや、経験をもった人材を見極めることは、簡単なことではありません。

もちろん採用面接で、収益管理やビジネスビジョンについての知識を試すことは可能です。

しかしそれでも、あなたの目の前にいる候補者が、レベニューマネージャーとしての十分なスキルを兼ね備えているかどうかはわかりません。

なぜなら、インターネットや専門書で事前にリサーチさえすれば、レベニューマネジメントの話をすること自体は、そんなに難しくはないからです。

問題は、その候補者にスキルがあるかどうか。また、あなたのホテルのニーズにあった経歴をもっているかどうかです。

とくに小規模・独立系のホテルでは、社内に、本当に専門的な知識やスキルを持ったスタッフはほとんどいないでしょう。

厳しい言い方ですが、レベニューマネージャーの仕事をしたり、CRSに触ったり、サイトマネージャーの更新をしたり、セグメントピックアップカーブを分析したり、変位計算を実行したことがないGMが、どのようにして、レベニューマネージャーの適任者を見極めるのでしょうか?

レベニューマネージャーの管理

その先には、「レベニューマネージャーをどのように管理するのか?」という課題が待っています。

仕事内容のチェックをすることは、非常に重要です。

小さなミスをするのは簡単で、それを放置すると、収益の損失につながる可能性があります。

そして、多くのレベニューマネージャーは、自分の仕事の監査を怠りがちです。

もし、あなたのホテルのレベニューマネージャーが、実際に何をしているのかわからない場合、どのように対処しますか?

そのスタッフが、正しいことをしていると単純に信じて、ホテルの収益管理を1人の判断に頼るのは賢明とはいえませんよね。

そしてさらに、つぎの課題は、「レベニューマネージャーのスキルアップサポート」です。

実際に小規模ホテルで働いているレベニューマネージャーから、自分たちの仕事内容が会社に理解されていない、また、スキルアップのための十分な社内サポートがないという不満を耳にすることがあります。

小規模・独立系ホテルがレベニューマネジメントを外注すべき理由

とくに小規模・独立系のホテルに、レベニューマネジメントの外部委託導入を検討することをおすすめします。

その理由は、つぎの通りです。

  1. レベニューマネージャーの適任者を見極めるのが難しい
  2. 自分自身に十分な経験がない場合、レベニューマネージャーを効果的に管理・サポートができない
  3. レベニューマネジメントには専門的なスキルが必要で、複数の専門家の経験や見解に頼ることが重要である
  4. レベニューマネージャーはキャリアアップを目指すため、離職率が高い傾向にある

「アウトソーシング(外部委託)」という言葉から、ネガティブなイメージを抱く方も多いかもしれません。

しかし実際には、収益管理や流通だけでなく、マーケティングからフロント業務に至るまで、戦略的な意思決定をサポートしてくれます。

つまり、ホテルマネジメントにとって、必要不可欠なチームの一員なのです。

外部委託もチームの一員
外部委託もチームの一員

ホテルがレベニューマネジメントを外部委託するメリット

ホテルがレベニューマネジメントを外部委託することにより、つぎのようなメリットが期待できます。

  1. 複数の専門家からサポートが受けられる
  2. 採用のコストや時間が削減できる
  3. 多角的な視点で業務を管理
  4. 他部署との連携が円滑になる
  5. スタッフの作業量を軽減できる
  6. より複雑な戦略で増益のチャンスを拡大
  7. 利益率を最大化できる

では、ひとつずつ説明していきますね。

1.複数の専門家からサポートが受けられる

レベニューマネジメントを外注するメリットの1つめは、複数の専門家からサポートが受けられることです。

多くのホテルマネジメントの専門の会社では、価格戦略、流通管理、eコマース、統計や数学など、さまざまな専門知識を持つ複数のスタッフが在籍しています。

そのため、それぞれのホテルのニーズにあった知識やスキル、経験が提供してもらうことが可能です。

2. 採用のコストや時間が削減できる

レベニューマネジメントを外注するメリットの2つめは、有資格のレベニューマネージャーを採用する手間とコストが削減できることです。

有能なレベニューマネージャーを見つけることは容易ではなく、給与も安くありません。

さらに、ホテル業界全体で、レベニューマネージャーの人材不足は悩みのタネなので、とくに小規模・独立系のホテルにとって、雇用プロセスにかなりの時間と予算が取られてしまうでしょう。

また、せっかく採用しても、良い条件の仕事に転職するため、すぐにあなたのホテルを退職してしまう可能性もあります。

3.多角的な視点で業務を管理

レベニューマネジメントを外注するメリットの3つめは、多角的な視点から業務内容の管理をしてもらえることです。

通常、ホテルマネジメントの会社では、レベニューマネジメントには専門家のチームで携わります。

そのため、1人の意見に頼るのではなく、適切なチェックをしながら、バランスの取れた戦略を立てることが可能です。

4.他部署との連携が円滑になる

レベニューマネジメントを外注するメリットの4つめは、他部署との連携が円滑にすすむことです。

一般的に、レベニューマネジメントは、ホテルの経営陣に理解されにくく、セールスやマーケティングなどの他部署と連携が取りにくい傾向にあります。

それぞれの部署の戦略が、同じ方向目指していなければ、ホテル全体としてのパフォーマンスを高めることはできません。

全体的なマネジメントの理解が深く、円滑なコミュニケーションを得意とする会社に業務を委託することで、このような問題を解決することもできます。

5.スタッフの作業量を軽減できる

レベニューマネジメントを外注するメリットの5つめは、社内スタッフの作業量が軽減できることです。

小規模なホテルでは、フロントオフィスや客室部門のマネージャーが、本来のフルタイム業務以外に、「レベニュー・マネージャーを兼任していることが多いかと思います。

しかし、2つのフルタイムにポジションを1人で担当するのは、かなりの負担です。

フロントマネージャーとしての本来の業務に支障をきたす可能性は、指摘するまでもないでしょう。

結果として、日々の業務を効果的に運営できなくなるだけでなく、ホテルの収益低下の原因になりかねません。

6.より複雑な戦略で収益アップのチャンスを広げる

レベニューマネジメントを外注するメリットの6つめは、複雑な専門性や、さまざまな要因をふまえた意思決定が可能になることです。

ほとんどの小規模ホテルには、専門的なレベニューマネージャーがいないため、少なくとも下記のうち1つ以上の面において、収益をのばすチャンスを逃してしまっています。

  • レートの見直し(ホテルのタイプ、シーズン、リードタイム、セグメンテーション、部屋のタイプ、曜日パターン、評価スコアなど)
  • 付帯収入(F&B、MICE、スパなど)
  • 市場と経済の変動
  • PMS/POS/CRSの導入
  • 組織の課題と構造改革などなど…

より複雑な戦略を取り入れることで、ホテルの収益アップのチャンスが拡大できます。

7.ホテルの利益率を最大化

レベニューマネジメントを外注するメリットの7つめは、ホテルの利益率を最大化するチャンスです。

アウトソーシングにより、どれくらい利益が上がるのか、前もって具体的な数字を知ることは難しいかもしれません。

なぜなら、ホテルのレベニューマネジメントを成功させるためには、非常に多くの要因が絡んでくるからです。

しかし、適切な会社に、ホテルのレベニューマネジメントやマーケティング戦略を任せた場合、利益率の向上はほぼ間違いないでしょう。

そのためには、長年の経験や実績がある、ホテルマネジメント専門の会社を選ぶことが欠かせません。

また、景気後退時と経営危機時の両方で実績のあるかどうかも、必ずチェックしましょう。

ホテル経営を成功に導く外部委託のコツ

ホテルのレベニューマネジメントを外注する際、業務を委託する会社選びが重要なポイントになります。

システムや個人がただ数字をチェックして、定期的にレポートを送ってくるだけといった従来のやり方では、ホテルの経営の成功は難しいといえるでしょう。

大切なのは、ビジネス全体として、レベニューマネジメントがどのように機能しているのかを理解しているかどうかです。

目標達成のために、ホテルの関係部署のマネージャーと円滑にコミュニケーションをとり、モチベーションを上げること。

そして各部署が、同じ目標に向けて戦略を立て、正しいアプローチをしなければ、すべての努力は水の泡になってしまいます。

とくに新型コロナで集客が減少しているこの時期を乗り切るためには、適切な戦略で、利益率を最大にしていくことが必要不可欠です。

事前に経験や実績をしっかり確認して、信頼のできる会社に業務を委託しましょう。

外部委託を上手く利用したホテル経営
外部委託を上手く利用したホテル経営

まとめ

この記事では、ホテルのレベニューマネジメントを外部委託する理由やメリットについてお伝えしてきました。

レベニューマネジメントは、専門的な知識とスキルが必要な業務です。

適任者を採用する難しさやコスト、社内スタッフの負担を考慮すると、とくに小規模・独立系のホテルにとって、アウトソーシングのメリットは高いといえます。

その際に、ただ数字をチェックしてレポートを送るだけの従来の委託会社ではなく、適切なサービスを提供する会社を慎重に選ぶことを心がけましょう。

*この記事はXotelsの協力をもとにWASIMILが翻訳・編集を行ったものです。
オリジナル記事:”Why Outsource Revenue Management? Advantages and Benefits for Hotels

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *